アフィリエイトはキーワード発想が出来ないと稼げない

MENU

とにかくキーワードが緩くてあいまいで意識してないから稼げない。

家電量販店に行きました。

 

お客さんの前で、タラタラと店員が説明しているシーンを想像してください。そこであなたは絶対に心の中でこう思ってます。「そんなことは聞きたいんじゃないんだよ?」「実際にこの掃除機が使えるのか?知りたいんだよ?」とね。

 

 

この1万の差は何なのさ?メーカーがこちゃごちゃしてて、どれが良いのかわからないんだよ?

 

店員さんの営業売り上げのためだけなんでしょ?そうじゃないですか?で、日ごろからこうやって購入前のキーワードを言葉に変える訓練をしていないと発想が貧弱になります。

 

値段が1000円以下になったら、お店ではそれほど大差なく物販商品は売れるかもしれませんが、歯磨き粉一つ、シャンプー一つでもみなさんは迷いますよね?でも購入を決めたのにはそれなりの理由があるはず。

 

100円の差で決めたのか?そんなことはないはずですよ?

 

あなたが売りたい商品、買った商品の決め手を一言で言え!

毎日訓練してください。コンビニで昼ご飯を買う時に、なぜこの商品に決めたのか?野菜の種類が多そう。最近口内炎ができていたからな。やっぱり疲れているから甘いものが欲しい。

 

やっぱり午後からハードだからがっつり食べたい。いや、胃が弱ってるから消化の良いものに、そういえば友達がウマいっていってたな?いろいろ原因はあると思いますが、商品の前に立って最終的に買い物かごに入れるまでの言葉を普段から意識しましょう。

 

 

これをアフィリエイトのキーワード発想と言います。もちろんキーワードツールを使って訓練することも大切。こちらは分析力になると思いますが、その商品はどんな思い出購入されるのか?

 

普段から意識してメモをしましょう。大抵最後の決め手は一言になるはず。「やっぱり500円以内にしとこ!」「ビタミンが多いものにしよう!」それが購入の決め手なんです。

 

アフィリエイトで商品を紹介する時も同じ。一つのキーワードで訪問してきたお客さんに、そのキーワードでの解決法をしめしてあげることが大切ですよ。

リサーチがあれば、自然とキーワードの発想は広がるはず!

競合ページのリサーチ。悩みのリサーチ。競合商品のリサーチ。そういうものがあれば、自然とアフィリエイトのキーワード発想はできるようになるのですが、なぜやらない人が多く、私に「一覧にして送ってください」というのでしょうか?

 

どうせ送ったところで「なぜそのキーワードにしたのですか?」というお決まりの質問が帰って来るだけ。自分でやってないからいつまでたっても成長していない証拠です。

 

最近私はその系統の質問を2回以上してきたメルマガ読者さんは解除することに決定しました。で、こういうことをする人は極端に経験値が少ないです。

 

解決法として最近思いついたのは、家電ですね。昨日も沢山あって選択肢もあって値段も高くて迷ってしまう。そういう商品をどうやって売っているのか?大手の家電良品店に言って、店員さんにいろいろ質問をして、どういうアプローチなら購入するのか?

 

良く考えることです。キーワード発想が出来ない人は実体験から学ばないとダメです。

 

・・・気に入ったら広めてください。きっと世の中の役に立ちます!!

サイト作成の悩みはアフィリエイト質問掲示板へどうぞ。



購入前の心の言葉を想像できないから稼げない

購入前の心の言葉を想像できないから稼げない関連ページ

ごちゃまぜ記事のアフィリエイトサイトは絶対に稼げない!
すでに無限にある情報の中で、人はより速く、正確に、的確に知りたいこと探しています。それをわざわざ遠回りさせるごちゃまぜブログを作るのはやめましょう。
納得しない内にリンクを踏ませても商品など売れない
稼げないアフィリエイターに多い勘違いが、リンクさえクリックさせれば稼げるというものですが、相手を納得させる前にクリックさせても売れるのは楽天ぐらいなもの。後はほとんど売れません、その理由分かりますか?
体験をネタにして昇華できないと稼げるネタにならない
アフィリエイトでネタがなくって稼げないという人は、自分の体験を一つのキーワードに昇華してネタにする癖をつけていない人が多いです。人生全部まるごと含めてあなたの財産です。
稼げないブログは一記事の文字数が少なすぎ!ホントこれが全て
どうしても写真を貼ってしまいたくなるんですよね?動画を入れたくなるんですよね?広告を貼りたいんでしょ?だから稼げないんですよ??
薬事法違反が怖いなら薬の事をかかなければいいだけ。
なんか美容系アフィリエイターは薬事法が怖くてびくびくしているみたいですが、そんなに嫌なら薬以外のジャンルから美容品を売ればいいだけでは?
カタカナキーワードを入れすぎたブログは読まれいし稼げない
いくら検索キーワードにカタカナが多いからと言っても記事内に大量に含ませると読みづらいって気づいてますか?みんなが英語好きなわけじゃないです。
自分と同じ悩みと希望を共有できる人を探せ!
アフィリエイトで稼ぎたいと思ったら、自分と同じ悩みと希望を共有できる人をネットで探すという意識を持たないとダメなんです。記事の書き方の意識の持って生き方で、ファンとリピーターが増えるのです。
情報力がない奴が情報商材を売れるわけがない!
インフォトップやインフォカートなどのいわゆる情報商材で稼げないのはあなたに情報力がないからです。知識がないバカから買うほどお客さんはバカじゃない!
魅せるものがないのにメルマガアフィリエイトでは絶対に稼げない
どんなに綺麗なランディングを作っても、有料でリストを購入しても、魅せるものがないのにメルマガアフィリエイトでは絶対に稼げない。ゴミに人を集めても臭いと言われるだけ!
アフィリエイトは記事優先!記事の後に画像でも良い
アフィリエイトで手っ取り早く稼ごうと思うならまずは記事を優先しても良いのでは?画像は後から貼り換えてもOK!!記事数が少ないとアクセスが来ない。
その記事に10円か100円払う人がいるかどうか想像しろ!
捨て記事でサイトボリュームを増やしたところで意味がないです。その記事に10円の価値はありますか?100円出して読む価値はありますか?
美容ブログで稼げないのは成分ばかりアホみたいに書くから!
女性アフィリエイターの多くがダイエットとか美容のブログにチャレンジするけど稼げずに挫折する。その理由を教えましょうか?知りたくもない化学式。美容成分を書くからですよ!
トレンドアフィリエイトの過去記事を無駄にするな!
トレンドアフィリエイトは確かに早く稼げますが、その分過去記事が無駄になっていらないウェブ上のお荷物になる。ニュースばかりを追いかけていると稼げる体質が身につきませんよ?
アフィリエイトで一生懸命?その意味知ってます?
一生懸命アフィリエイトをやったら、稼げないなんてことはない!そもそも一生懸命の意味を忘れて、ブレまくっているから稼げないんですよ。
商品写真や画像をペタペタ貼るから稼げない
良いですか?レビューブログで稼げないに典型を言いますね。商品写真、開封写真をはったところで、あくまでそれは買ったことの証明であり、最低限度のレベルなのです。そうじゃなくて読んでいて商品が欲しくなる記事を書かないと売れないと稼げないと思いませんか?
意見と体験のない記事は読まれないし稼げない
大前提として、言葉はコミュニケーションの道具なのです。それなのに意見の入っていない説明文だけのアフィリエイトサイトって読む気もしないし、クリックもされないと思いませんか?
メディアによってコピータイトルを変えないと集客できない
自分の使っているメディアの性質を考えて、キャッチコピーをつける重要性についてお話しします。ツイッター,ブログ,無料レポート、ランキング,どこからの集客をメインにするかによってタイトルコピーは違いますよ?
プレゼン力が無い人はアフィリエイトでは稼げない
会社の企画書を書いたことありますか?大人数の前でプレゼンしたことありますか?アフィリエイトで稼げない人はプレゼンが下手です。というか意識がない。なぜなら仕事だと思っていないしバカにしているからですよ!
稼げるキーワードでサイトを作らないから稼げない
図体ばかりデカくても尖っていないアフィリエイトサイトは稼げないんですよ?そのキーワードには何かの欲求がのってますか?ボリュームだけ増えて稼げないサイトは作るな!!
リピートを生まない記事の量産はとにかく時間の無駄で稼げない!
リピートしない記事を量産したところでアフィリエイトでは稼げるようにならないんです。自転車操業で疲れて、そのうちやる気がなくなるだけですよ?
質問力をつけなければコピーライティング力は磨かれない
コピーライティング力と質問力は同じです。相手に正しく質問できない人はアフィリエイトで稼ぐことはできません。相手を意図するように動かすためにはまず質問力を鍛えてください。
ライティング力を身に付けたければ人と話せ!
情報商材を買ってコピーライティング力がついたという人は大抵嘘ですね。人を動かしたいなら人と話してください。小手先のテクで人が動くと思ったら大間違いですよ?
悦に浸ってキャッチコピーを記事タイトルに入れるな!
その言葉、イケテルと思っているのあなただけじゃないのですか?流行の言葉とか略語などを使っても、そんな言葉を日常的に使うのはごく一部。スマホになんて打ち込みませんよ?思い込みでサイト作るな!
欲張ったブログの記事タイトルはアクセスも増えないし稼げない!
どうせ沢山キーワードを記事タイトルに詰め込めばどれか一つひっかってくれると思うんでしょ?そういう奴の付けるタイトルの典型がキーワードを「、」で結んだ強欲でなんのインパクトのないタイトル。そんなタイトル本屋でうって売れないのと同じ!検索エンジンは馬鹿じゃないし、読者ももっとバカじゃないんですよ!