アフィリエイト,ターゲッティング,見込み客

年齢や地域の格差、生活格差や教育環境を想定しよう!

ブログから商品が売れない人はとにかくターゲット設定が苦手です。その商品は何歳ぐらいの人で、どこに住んでいて、生活レベルはどれくらいで、育ってきた教育環境はどんな感じで・・・。

 

と言った相手の想定が出来ていない人が多いです。確かに人によってお金を使うべき部分が違いますし、どこで育ったか?なんてことは財布事情と違うこともありますが、人は環境の中で育つものです。

 

その地域にはその地域の言葉があり独特な文化があるのです。そいういったものを意識しないと相手に文章が届かないことが多いですよ!

年齢や地域や性別はデザインに非常に関連する

どうして女性の部屋にはピンク色が多いのか?ジェンダー(社会的に作られた性)の問題でも言われますが、男性に比べ圧倒的に女性はピンクが好きです。

 

全身ピンクの服で固めても若い女性なら何の違和感もないですよね?これ、男性がやったらかなり危険なことに(笑)

 

ここからも分かるように、性別とブログやサイトの配色バランスを考えた方が良いです。
また、その商品を使う人がどんな教育を受けていたかですね。これが言葉づかいなどに直結します。

 

良くある失敗サイトが、女性向なのに男性っぽいデザインを使っているもの。
又は男性がみたら一発で消したくなるようなデザイン、又はその逆をつかっっている物。

 

ターゲットが両性であるのにもかかわらず、派手なピンクのサイトを使うと、間違いなく男性の7割が逃げます。
ハートとかギャル文字とか見た瞬間読む気が失せます。

 

反対に、エロ・暗い・怪しい感じにすると、途端に女性が嫌悪感を抱きます。
集客するターゲットによるのですが、それを想定していなとアクセスを無駄に失っているので注意が必要ということです

 

・・・気に入ったら広めてください。きっと世の中の役に立ちます!!

サイト作成の悩みはアフィリエイト質問掲示板へどうぞ。


2週間で人生変えろ!本気のアフィリエイト講座はコチラ